古雑誌の整理。

ここのところ、あまりにまじめに仕事をしすぎた。

毎日6時に起きて、1時に寝る。
帰宅すると、バタンキューというよりバタンシュルル。風船が抜けるように眠りに落ちる。
毎朝、規則正しく目覚め、通勤していることが不思議である。

さすがに、2ヶ月近く放置すると、雑誌を含む紙類が異様に増える。集めてヤギに食わせることにした。
昨年春、固めて購入したパソコン雑誌が、山となっている。
開くと、ロクロク読みもしていないページがいかに多いことか。
週刊アスキー増刊「最新CPU激安パソコン自作」(2010.2.23)を何気なくめくる。

【2010年は現実世界からの卒業イヤーに】
 自作マニアはクアッドどころか8スレッド動作のコアi7でガッツリ投入、その性能に酔いしれている。その反面、デュアルコアどころか1コアすらフルに回らないギャルゲーの低い負荷は、ギャルゲー研究者の自作へのモチベーションを大いに下げていたのも事実だ。
 しかし、とうとうコアi7を推奨するギャルゲーが登場。今こそハイエンドPC自作だ。


う〜む。一体なんなんだ、この文章は。日本語なのだろうか。超要約すれば、
「ギャルゲーのために、高性能PCを自作するのだ」
ということなのか。

ここで推奨されている「リアル彼女」という、ハイスペックを要求してやまないソフトウェアのデモを私も動かしてみることにした。
2年前に購入した私のi7は、メモリ6GB、ハードディスク1TB。当時のハイエンドマシンである。
当然楽勝だろうと思っていたら、起動に失敗して画面すら出てこない。
ボクのPCは、ギャルゲーなどという下品なものは動作しないことになっているらしい。

研究を終えて
 手塩にかけたハイエンドPCの利用用途がギャルゲーのみの我々研究者たちにとって、ハイエンド環境を求める「リアル彼女」の登場はまさに福音。
 高解像度表示だと 現在最強クラスのパーツ構成でもコマ落ちギリギリというハチャメチャな過剰感も、オーバークロックへのモチベーションとなるはずだ。
 3D嫁がこれだけリアルだと、ハイエンドPCをお供に現実世界からの卒業を視野に入れるべき時期が来たのかもしれない。


「ギャルゲー研究者」や、「3D嫁」とかいうものがどういうものかは不明であるが、言っていることはよく分かる。ボクのハイエンドPCも、ブログ更新とリアルタイム運行情報(バス)の閲覧のみである。
バカバカしさ満載。しかし、半年で長足の進歩をとげるPCパーツには、驚くしかない。
1年半前と比較して、HDDは半額以下、DDR3メモリにいたっては1/4の価格だ。

というわけで、 断捨離は今日も全く進まない。
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/13056845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umih1 at 2011-07-10 22:08
お仕事大変そうですね・・
体、壊さないように・・・
Commented by bunkasaba at 2011-07-10 22:19
>うみさん

ありがとうございます。
本日は、大量のカツオと、タウリン3000mgの飲料を摂取しました。
ストレッチして、あとは寝るだけです。
Commented by gabrielleraphael at 2011-07-11 17:38
Bunkaさん、根がマジメだから~。
umih1さんおっしゃるように、ほどほどになさって下さいまし。
しっかし、これは、母国語を使った文章とは思えないですね。ああ、日本は遠くなりにけり。
Commented by bunkasaba at 2011-07-11 23:10
>gabrielleさん

そうですね、何だか、やりすぎです。
気をつけます。
Commented at 2011-07-16 16:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by bunkasaba | 2011-07-10 22:01 | 生活 | Trackback | Comments(5)