RAID sync finished on volume C(NETGEAR rndn4000)。

a0005331_22203077.jpg

10Tbyte分のハードディスクと、NASが到着したので、早速、セッティングを開始した。

ケースはとてもコンパクト。
自作したら、どでかい箱に入れなくてはならず、とてもこんなに小さくできない。
つくりは質実剛健。安っぽいところはどこにもない。

箱に大きく、USAの文字。
もしや、この手の機器にありがちな、「マニュアルは全部英語」のパターンなのではあるまいか。
と思いきや、マニュアルもメニューも、ある程度ローカライズされていた。
(途中経過をメールで送信してくれるメッセージは、ほとんど英語)
a0005331_22335962.jpg

箱に入っていたのは、起動後の説明のみ。
ほかのマニュアルは、添付のROMを開いて読めということらしい。
面倒なので、マニュアルなど読まずハードディスクをケースに固定し、一度に全部NASに入れてみた。
なんと、220GByteしか認識しておらぬ・・・。
a0005331_22342581.jpg

仕方なく、パソコンからマニュアルを起動してみれば、
「ハードディスクは一台ずつ入れてください」の説明書きが・・・。
一晩、せっせと設定をしてくれたらしいのだが、工場出荷時に戻して再度やりなおしだ。
1台追加するごとに、10時間かかっている。今、やっと3台目に入ったところだ。
なでしこジャパンの試合が決しても、まだこのディスクは処理中であることだろう。
a0005331_012410.jpg

追加ドライブはともかく、1台目が導入できた段階で、ハードディスクのアクセスは可能だ。
MacBook ProのTimemachineを起動させて、NASにバックアップをさせてみた。
あたり前といえばあたり前なのだが、無線LAN経由でNASにアクセスし、何事もなくバックアップが完了した。
これで、MACは、いつぶっ壊れてもOKである。
データは2重にNASに保存されているから、4台のうち1台のHDDが壊れても、抜いて交換するだけだ。

〜これからすること
・WINDOWS7の自動バックアップ設定
・iPadからアクセスしてみる
・映画を入れて、iPadで見る

トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/13095202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bunkasaba | 2011-07-17 23:12 | コンピュータ | Trackback | Comments(0)