お客の多い皮膚科(その2)。

何のアレルギーか、 手のブツブツが消えない。
右頬は、何か痣のようになってしまった。頬に痣。
思い出して、放り出していた「ねじまき鳥クロニクル(第3部)」を読了した。

× × ×

日曜夜、左足が猛烈に腫れ、サッカーボールぐらいになった。
というのはウソである。
エイリアンじゃあるまいし、そんなに大きくなるわけがないじゃないか。
しかし、ねずみを飲み込んだ蛇みたいだ。

激痛で目の裏がちかちかし、県の救急医療センターで紹介された病院に電話してみた。
やる気なさそうな若い男が、ヘリウムを吸ったような声で言った。

「明日まで待ってしかるべき病院で診てもらえ」

我慢ならぬから電話しているのだが、ヘリウム男には何も通じないようだった。
あまりに馬鹿馬鹿しくなり、
歯医者からもらった鎮痛剤を飲み、歯を食いしばり涙を流しながら横になり、朝まで耐えた。
繁盛している皮膚科に客がいないことを祈りながら、びっこをひいて医者に向かった。

× × ×

医者が左足をみるなり、
「見事なリンパ管炎になってるね。赤い筋が足にそってでているでしょう」
気づかないうちに、クレヨンで線を引いたように、赤い線が膝まで伸びている。
抗生剤、痛み止めなど5種の薬を処方され、6日間の静養を言い渡された。

抗生物質の効果てきめんで、2日で痛みはひいた。
100年前であったら、人生50年どころか、小学生に上がるまで生きていることはできなかっただろうと思う。



× × ×
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/13497985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gabrielle at 2011-09-10 20:36 x
こりゃいっそ、ちょっと休暇願いを出して、田舎に休養に帰られたほうがいいんじゃないでしょうか?
無理は良くないですよ。元気で何ぼの人生だから!
Commented by bunkasaba at 2011-09-10 21:44
>Gabrielleさん

田舎に帰るというより、5営業日中3日、標高1000メートル近い長野で仕事をしていますが、何だか東京に戻る週末に、ブツブツが増える気がします。。。
Commented by momonekuta at 2011-09-10 23:26
ごぶさたしております。
コメントありがとうございました。
とっても痛そうですね。でも他人事には思えません、
私も7月にひどい目にあってたんですよ。足が何日かひどくむくんで、そしたら足に湿疹というのか、ブツブツが膝下から足首にかけてあっという間に出来ました。
結局、皮膚科で原因不明にされましたが(涙)
後で色々調べてたらその湿疹の様な症状が
リンゴ病という説も出てきてました。
その時は原因不明が怖かったです。皮膚科じゃわからなかったのでその後、自力で治癒させてしまいました。

(久々に読んだ過去の日記面白い所がありププと笑ってしまいました。)
Commented by bunkasaba at 2011-09-11 10:01
>momonekutaさん

こんにちは。
湿疹とか、突然なるもんなんでしょうかね。
あまりなったことが無いので、驚きました。
本当に気になる上、痛くて面倒ですね。。。
by bunkasaba | 2011-09-07 00:32 | 生活 | Trackback | Comments(4)