この時計は修理するべきでしょうか。

【本日のご相談】
時計店 「先日お預かりいたしました腕時計ですが、大変残念なことに、部品が一部交換となるため、とても高い修理となります」
私    「えっ。10万円ぐらいですか?」
時計店 「5万5千円です」


買った当時の価格は、おそらく10万円。
そんな高価な時計を私が買うわけが無いので、これはもらいものです。
果たして、私はこの腕時計を修理するべきでしょうか。

【本日の回答者】

■「時計は死んだ」の著書で有名なA氏のご回答


「君は時間貯蓄銀行を知っているか。君の時間は、毎日灰色の男に奪われているのだ。腕時計を見るたび、時間は失われ、致死的退屈症に陥るのである。
今どき、腕時計を修理すること自体に誤りがある。時計は死んだ。
時計をオブジェとして所有したいのなら、修理する意味もあるだろう。しかし、5万円でもっと楽しい時を買うことができるのだ」


■某有名百貨店内時計店店主のご回答


「よい時計は、よい人生を演出します。この時計の精密さは、焼け野原から再建した日本のものづくりの象徴です。よく見てください。ムーブメントはなんと10円玉より薄いんです。これはまさに、世界に誇る職人技術の結晶と言えましょう。壊れた時計は、時計ではありません。使わなくても修理して、ときどき取り出して眺めるだけでも、時計技術の精密さ、ひいては日本の優秀さに思いを馳せることができるでしょう。たとえば、この時計を10年所持するとしましょう。日割で計算すれば、1日わずか14円です。日に何本、ジュースを買いますか?もはや過去にさかのぼって節約はできません。しかしながら、今からなら1日100円でも節約は可能ではありませんか。日本人としてのプライドを取り戻すのに、14円は高い支出でしょうか」


■20代若者の回答


「あのですね。ヤフオクで見れば、多分動くものが5万円で売ってると思いますよ。質屋とか。僕はロレックスを買いましたよ。う~ん。30万円ぐらいしましたね。時間は携帯で見ますけどね」
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/13598922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bunkasaba | 2011-09-15 23:24 | 生活 | Trackback | Comments(0)