電車で映画鑑賞(iPadで映画を見る)。

a0005331_22542776.png


「電話は通じないし揺れるし、移動中は寝ますね」
「いやあ、あの時間は映画1本見るのにちょうどいいんだよな」
「事前に入れておいて、ですか?」
「そうそう」


iPadの9.7インチディスプレイは、映画やテレビ番組を見るには最適な大きさだ。
エコノミーの座席についている画面より、ずっと大きい(まれに画面すらついていない)。

しかし動画を見る?どうやって?SDカードも入らないのに。
おそらく、あやしいアプリを使い、あやしい変換を行い、あやしく見るしかないのだろう。
あやしくない方法も、ある。

一つは、ネットワーク経由でストリーミング視聴する方法で、
もう一つは、iTunesで映画をレンタルする方法だ。

中央本線社内で、ストリーミングは無理だ。八王子を過ぎると、電波状況は絶望的だ。
パソコンを使う人が多くなったことを考えると、
東海道新幹線700系のWiFiでも、結構厳しいだろう。

移動に備え、iTunesで映画をレンタルしてみた。後者の方法である。

昨年海外出張の際、
20代女子と30代男子が絶賛していた「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を選択。
多分、この美しくないタイトルだけだったら、一生この映画を見ることは無かっただろう。

事前にWiFi環境で映画をダウンロードし、電車の中で再生するだけ。思うよりずっと簡単だった。
パソコンと同期させるなんてことは必要ない。
再生を開始後、48時経過後、ダウンロードファイルは自動的に消滅する。
スパイ大作戦顔負けの手際よさだ。価格は1本200円から。ドトールのコーヒー1杯分。
品質は、iPadであればSD版で十分奇麗だ。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」は、たしかにおすすめの映画である。
映画に出てくるチンパンジーは、人間より人間らしい。
不覚にも猿に感動してしてしまった。

この映画の荒唐無稽さには、あり得ないことが少ない。
「そんなバカな」と思うことはあっても、
新薬開発でのトラブルは、原発事故が起こるよりあり得そうだ。
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/15592086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bunkasaba | 2012-06-18 22:47 | 生活 | Trackback | Comments(0)