マルチスライスCT(Mendelssohn Violin Concerto in E minor)。

a0005331_22312162.png

「これから造影剤を入れますが、全身が急に熱くなりますけどびっくりしないでくださいね」

そう言われた直後、腕、胸、顔、足が焼けるように熱くなった。
火葬場で焼かれている最中に目覚めたら、きっとこんな感じがするに違いない。

呼吸困難、意識障害、血圧低下など入院治療が必要な副作用が発症する確率は2千人に1人。
死亡に至る服作用が発症する確率は、10〜20万人に1人。


宝くじより確率が高そうじゃないか。
「造影剤使用についての同意書」の内容を思い出し、覚悟した直後、検査終了。
a0005331_22314610.png

× × ×

検査結果を待つ間、iPhoneでメンデルスゾーンの「バイオリン協奏曲」を聞いた。
ああ、悲しい。悲しすぎて泣いてしまいそうだ。
こんな曲は、病院で聞いてはいけない。
もちろん、「ハゲ山の一夜」も「トッカータとフーガ」もよろしくない。

× × ×

重い気分のまま診察室に入ると、巨大なディスプレイにボクの心臓が映し出された。
カラーで、おまけに3D映像だ。リアルである。
「口から心臓が飛び出しそう」なのではなく、画面から心臓が飛び出ていた。

技術の進歩は素晴らしい。
ちょっと前まで、心臓血管の狭窄を調べるには、足あたりから管(カテーテル)を入れて調べていた。
それが、今はマルチスライスCTでたちどころに分かってしまうのである。
ご飯抜いたり、2時間前から血管を広げる薬を服用したりと事前準備はあるが、
心臓に管を入れることを考えれば随分ましである。

医者は、ボクの心臓をマウスでくるくる回転させながら言った。
「3本の冠動脈に狭窄は見られず、正常の範囲だ」
「血管の1つに石灰化が見られ、動脈硬化が進んでいる。血管年齢は60歳から70歳」
そして、
「まあ普通に生活して構わないでしょう」と結論づけながら、
「突然発作が起こって死んじゃう人もいますのでね」と話し、ニトログリセリンを処方した。
いささか論理的に承服しがたいものがあるのだが、
「まあ、起こるときは起こるでしょう」といった結論である。
「最初の発作が最後の発作」とも言うが、心配してもきりがない。


「7時間以上眠り、ストレスをためないこと、コレステロールを下げる薬を服用すること」

と言われたのだが、ストレスをためない方法については、医者の専門外であるようだった。
というより、最近、医者は余計な事を一切口にしない。多忙な上、訴訟問題があるからだろう。

ああ、梅ちゃん先生に診察してもらいたい・・・。
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/15653672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi at 2012-06-29 21:43 x
検査、お疲れ様でした。
コレステロールの数値が、生まれて初めて高くなっていて、医者に行けと検診結果にありましたが行ってません。
ストレスが多いとコレステロール値が上がるそうですが、ストレスをためるなと言われても、7時間以上眠れと言われても、言う通りにできればそっくにそうしてますよねえ。
しかし、3D映像だなんて最先端ですねえ。
Commented by bunkasaba at 2012-06-29 22:13
>うみさん

コレステロールも必要なものですんで、バッサリ数字で異常と決めるのは異論もあるようです。
悪玉が増えると良くないというのですが、医者によって言うことが違うので、あまり信用してません。100年も経ったら、医療暗黒の時代であった、なんて歴史の教科書に載っているのかもしれませんね。
心臓がくるくる回る様子は面白かったのですが、多分、詳細が分かるのでみんな受けたほうが良い気がします。高いのが難点ですね。
Commented by Gabrielle at 2012-06-30 06:01 x
すごーい。
うちの伯母も昔から、ニトロお守りを持って生活してますが、大丈夫みたいですよ。もう80くらいです。
Commented by bunkasaba at 2012-06-30 09:30
>Gabrielleさん

どうなんですかねー。
ならなきゃそれで万事良しなんですが、今のところ予知もできず可能性もあんまりはっきりしないのが問題です・・・。
Commented by apricot0113 at 2012-07-08 15:19
>ストレスをためない方法
ホント、これが問題ですよね。
っていうか、現代社会ではほぼ不可能な気がします。
>梅ちゃん先生に診察してもらいたい
ふふふ・・・でもドキドキして、脈が速くなるかもしれませんよ。

お大事に。
Commented by bunkasaba at 2012-07-08 20:37
>杏さん

ストレスって、何でしょうね。
医者も分からず言っているような気もします。
何もしなくても、きっとストレスがたまるとぼやいてるような気もしないでもありませぬ。。。

梅ちゃん先生は、やっと開業したようですし。
by bunkasaba | 2012-06-28 22:32 | 生活 | Trackback | Comments(6)