アメリカ牛198g497円。

a0005331_16281320.jpg

150g1700円の国産霜降牛は、いつ買っても均一な味がする。
アブラが細かく乗っていて、固いところもなく、癖もない。普通に美味しい。
これは、これは中性脂肪とサイフ方面には極めてよろしくない食べものである。。

輸入牛がどんどん店頭に並ぶようになっても、あまり買う気がおきなかった。
少し肉に癖があったし、偏見もあった。

しかし、今回焼いてみた米国産牛肉には、ほんど癖が無い。固くも無い。
その辺のファミレスで「ステーキセット1980円」として出て来ても、何も不思議はない。
かといって、「毎日食べたいか」と言われるとそうでもない。

「肉本来の味」が薄いんじゃないかと思う。
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/15761654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bommayeah at 2012-08-05 01:45 x
最近のアメリカ牛、カナダ牛、オーストラリア牛は、国産牛より値段も手ごろで肉自体も柔らかく、美味しいですよ。
Commented by bunkasaba at 2012-08-05 12:59
>bommayeahさん

大分安くなりましたね。
昔と違って、どくとくの癖が少なくなりましたね。
米も中国産のものが安く売っていて驚きました。
by bunkasaba | 2012-07-14 16:25 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)