数学予想とは(最近読む本2 - 4月)。

a0005331_174913100.jpg


思い煩うことはない。人生は無意味なのだ ー サマセット・モーム

ボクも思い煩うことは止め、寝るだけ寝、食うだけ食い、ごろごろする事にした。
2日近く動かず、テレビを見ながらiPadでネットサーフィンをし、半病人のような生活を送ったら、ひどく疲れてしまった。
暇に徹するにも、気力と体力が必要なのである。

そして、暇は散財を呼ぶ。

確かに、「ビールやワイン」の「適温」知りたいし、天ぷら油も肉の表面温度も測定したい。
しかしだからといって、普段温度計を買うことは無い。
結局、「スパゲティ12kg」と「赤外線放射温度計」という、全く余計な買い物をしてしまった。

× × ×

本屋におもむき、新書を3冊購入した。
どれも興味深い。

特に、数学予想の難問は、理解しがたい点において、極めて魅力的である。
フェルマー予想は、提出から解決まで約360年を有し、リーマン予想は154年未解決、ケプラー予想は394年かかって解決したかどうか不明だという。

何の役に立つのか全くわからないものに、一生を費やすとは、一体どんなものなのだろうか。
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/17697826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bunkasaba | 2013-04-28 17:47 | | Trackback | Comments(0)