iPhone/iPadでテレビを見る

NHKオンデマンドの番組を、iPadで寝転んで見た。

ご縁ハンター 全3回
100年の難問はなぜ解けた 天才数学者失踪の謎
魔性の難問 リーマン予想・天才たちの闘い
あの人に会いたい 松下幸之助、本田宗一郎、三島由紀夫


ふむう。素晴らしい。
内容も結構だが、3GでもLTEでも鮮明に見ることが出来る。

「おしん」200回以上を連続視聴しても、普通に見続けられそうだ、

少し引っかかるのは、NHKオンデマンドを見るために、月額料金がかかることだ。受信料を二重に支払ってる感じは拭い去れない。
真面目に支払っているのだから、何とか割引制度の導入も考えて欲しいものだ。

それにしても、ニュース7を夜間見て思う。
NHKのお天気お姉さんは、いつからこんなにミニスカートになったんであろうか。。。
a0005331_12433359.jpg


× × ×

iPhoneやiPadでテレビを見る方法は、今までもいくつかあった。

しかし、iPoneやiPadはSDカードといった外部メモリが使えず、番組を書き込む方法は、限られていた。
非合法な方法は、流石にやってみようという気にすらならない。

いくつかのロケーションフリーの機械を検討して見た。どうも腑に落ちないので、結局、SONYのnasneを購入。
実売14,000円。

nasneは、500GBの容量を持つネットワークレコーダーだ。
テレビ番組を録画して、ネットワーク経由で見ることができる。

でも、これはDVDレコーダーでも、ブルーレイレコーダーでもない。
単体では、録画した番組がテレビで見ることすらできないシロモノだ。

説明書には、SONY製品でしか使えないと受け取れる記述もあった。

しかし、設定はiPadでもできた。寝転んで10分で終わった。
番組予約も、インターネット経由で簡単に終了。

実際に録画してみると、iPhoneとiPadで見ることができた。
一昨年、3万5千円で購入したSONYのテレビには、無線LAN経由で直接出力も出来た。

番組表で2週間分の映画をまとめて録画予約。
出張時に、列車や出張先のテレビで録画した映画を鑑賞。
iTunesでいちいち映画を購入する手間が省けた。

※nasneは、ロケーションフリーではないので、外出先から録画番組を見たりはできません。

※iPhone側で、アプリ購入が必要。
Twonky Beam700円、あるいはDiXiM Digital TV1000円。後者は、まだ持ち出しに対応していないが、4/26に発売されたばかりで画像が表示されるまでの時間は圧倒的に速いです。
トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/17729913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gabrielle at 2013-05-06 08:28 x
ホント、すごいミニスカ。視聴率アップに貢献??
Commented by bunkasaba at 2013-05-06 22:36
>Gabrielleさん

そうなんですよね。
NHKのアナウンサーも、ときどき短すぎるんじゃないかと注意したいほどです(笑)。
by bunkasaba | 2013-05-04 12:32 | 通信 | Trackback | Comments(2)