トイレの交換。

a0005331_13302041.jpg
トイレに入る。フタが開く。立つ。流れる。フタが閉まる。

まるでオリンピックの結団式と解団式のように、始まりと終わりが明確でケジメがある。
新品のトイレは、非常に快適だ。ウンが向いてきたような気さえする。

タンクレスではないが、タンクレスのような形状なので、狭い空間が広くなった。

形状の改善により、年間の節水は13000円にもなるという。本当なら、10年強でトイレ本体代の元が取れる計算だ。

もっとも、センサーや各種機能の制御回路は複雑で、特に機械部分が残るから、寿命は短いだろう。どこにも書いていないが、こればかりは割り切るしかない。

× × ×

今年、トイレがこわれてしまった。

入居16年目を迎える建売住宅は、住宅設備に一斉にガタが来て、交換時期を迎えている。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、延命を繰り返し、昨年暮れにやっとビルトインガスコンロを換えたばかりだというのに、またの出費である。
a0005331_00320230.jpg

年明け、ウォシュレットのコントローラーの下から、水がポタポタ漏れるようになった。日を追って量が増えてくる。水受けに皿を置いたが、夏になりポタポタ頻度が高くなり、あふれて床が水浸しになってしまった。そのうち、床が腐ってしまうだろう。もはや、ガマンの限界だ。

トイレが使えなくなれば、日頃の生活に支障も出る。ガマンなんて出来ないのである。

水周りは突然故障するところで、それを商機に変えている会社もある。値段は高い。水漏れの度に3万から4万円も支払っていたら、生活が成り立たなくなってしまう。手遅れになる前に交換してしまうことにした。

水漏れの原因と思われる部品を取り替えることは、そんなに難しくなさそうだ。また、ウォシュレット本体はひっくり返して交換すれば良いだけだ。

あれこれネットで探したが、交換部品はもう売っていなかった。保守部品の保有期間はとっくに過ぎてしまっていたのだ。また、水栓をドライバーで回してみたが、年数のせいか固着してしまって回る気配もない。

それでは、ウォシュレットごと交換すればどうなんだろう。間違いなく、上部のみ買って取り替えれば安く済みそうだ。ネットに交換事例は沢山でているし、素人で交換できるよう、工具をセットで売ってくれるところもある。

Amazonのボタンを押す寸前、ホントにそれでいいのかとっくり考えた。

1.水栓がいかれている(水漏れを止めようとトイレ内の水栓を回してみたが、ウンともスンとも言わない)
2.便器本体も省エネでない
3.床もヘナヘナ


そして、いずれも後から直すことが難し。かえってコスト増であることは明らかだ。

1週間ほど懊悩した結果、壁紙を除き、床の張替えと便器含めトイレ全交換を行う決断をした。8月初旬に業者を選定し発注、お盆を挟みやっと本日の交換となった。

施工日、ネット専業業者の作業員が一人で工事を行い、床の張替え、古い便器の撤去含め、作業はわずか3時間弱で終了。

近所のホームセンターで、同一機種(機能を省略したクラス)が工事費込みで同じ料金だったので、床の張替えを入れれば、価格差は4-5万円。

この先いつ腰痛が悪化するかもしれないので、自動でフタが開閉するタイプにした。勝手にフタが開き、勝手に流れる。まるでニンゲンがダメになりそうな自動さ加減だ。慣れすぎると、外出先で流すことをきっと忘れてしまうに違いない。

トイレは何とか交換したが、次に突然壊れるのは、16年目を迎える「給湯器」「エアコン」、11年目を迎える「冷蔵庫」だ。

エアコンはともかく、「給湯器」も「冷蔵庫」も突然死を避けたい製品だ。こちらも壊れる前に替えたいが、いつ変えるべきなのか。「住宅設備カレンダー」を作って検討しようと考えるのだが、なかなか重い腰が上がらないことが問題だ。




トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/23155241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bunkasaba | 2016-08-25 13:56 | 生活 | Trackback | Comments(0)