右に見える競馬場(競馬戦績メモ)。

レースのたびにファンファーレが鳴り、喜怒哀楽が繰り返される。ああ、人生も1レースだけじゃないんだと思う。すると、なぜか肩の力が抜けて、少し気が楽になる気がする。

ちかごろ、わかったこと2つ。ひとつは「競馬はほとんど当たらない」ということで、もうひとつは「競馬はたまに当たる」ということだ。

a0005331_22051134.jpg
1月中旬から5月1日までの成績をふりかえる。
30倍を超える的中が7回。うち、100倍を超えたもの、つまり万馬券が1回。万馬券といっても、千円や1万円の100倍ならインパクトはあるが、いつも100円単位しか買わないから、払い戻しはたかがしれている。ビールを飲みに行って気前よくなって足がでる。結局、赤字だ。


購入の回数が増えるほど、的中する確率は20%に収斂していった。それ以上でも以下でもない。回収率は、5月1日まで約70%。

つまるところ、7割戻っては来るが、やればやるほど損をする。競馬は、予想にひどく時間がかかり、努力がまったく成果に結びつかないから、割にあわない。

とはいえ、人の予想や勘に頼らず、週末午後、数レースを予想して楽しむだけなら、まだ健全だ。

東京競馬場にはさまざまな人がいる。そのうち、馬より人間観察の方が面白くなり、馬券すら買わなくなってしまうような気もするのだが、その方がより健全であることは言うまでもない。

ゴールデンウィーク中、帰省の道中、スポーツ新聞を広げた。そこには、「かしわ記念」に、フェブラリーステークスの出走馬が揃って出馬すると書いてある。
a0005331_22540861.jpg
フェブラリーステークスは、はじめて他人の予想に頼らず、買い目をわずか4点400円に絞り、3連複64.5倍を的中させた記念すべきレースだった。

暴れ馬のため局所を抜かれ、長らく不振をかこつた騸馬(せんば)は、4コーナー13番の位置から、最後の直線500メートルで、一気に12頭をゴボウ抜きにした。馬の名は、「ノンコノユメ」。

馬主の長女にちなんで名付けられたその馬は、砂をかけられると走らない気難しい馬でもあった。ゴール前の叩き合いを制した映像は、何度見ても感動的だ。

最後の直線が東京競馬場より100メートル以上短い船橋では、おそらく「ノンコノユメ」の末脚は届かないだろう。前回、「ゴールドドリーム」に並んだのは、東京競馬場ゴール前100メートルの地点、つまり船橋で言えばゴール後に相当するからだ。

かといって、地方競馬を知りつくした鞍上の内田騎手が、また同じ展開で走るとは思えない。さらに「オールブラッシュ」という逃げ馬が、逃げ切れるのかも分からない。天気は雨の予報。

かれこれ2時間も熟考した結果、「どうせ当たらない」と思い、「ノンコノユメ」を除き、フェブラリーステークスの2着3着馬に「オールブラッシュ」(全員赤面という意味)という名の逃げ馬を加え、3頭で3連単のボックス600円を、新幹線の中で投票した。
a0005331_22550323.jpg
午後8時過ぎに船橋競馬場で行われたレースは、山形の実家でスマホのネット映像で観戦した。

驚いたことに、予想通り逃げ馬が残り、ノンコは届かず、頭で思い浮かべた映像そのままに決着した。3連単6点中1点が的中。326.7倍。

…と、勝ったことを思い出して書いては見るが、競馬の8割は外れ。今回、これで回収率は一気に100%を上回ったが、こんなにうまくいくことは、もう無いだろうと思う。
a0005331_22560626.jpg
昨日、京王杯(G2)を東京競馬場で見た。

天気の良い気持ちの良い日で、掃除、洗濯、買い物を終わらせ、午後2時もすぎてから、「東京フリーウェイ」を口ずさみながら、武蔵野線に揺られ府中に向かった。

このレースだけ、ネットではなく直接馬券を買った。マークシートは書き方すら分からない素人なので、スマホでQRコードを表示させる「スマッピー」で、馬券を購入。
a0005331_23071499.jpg
悩みに悩んで購入した点数は、19点。正直、こんなに点数を買うのは気が重い。遊びとはいえ、外れれば1900円が一気に消えてしまうからだ。

メモ帳に書いてきた予定では、4番人気の「ムーンクエイク」を2列目に入れるつもりはなかった。しかし、今日もクリストフ・ルメールが直前のレースで勝っており、急遽格上げ。

結果、1番人気が15着に沈む波乱があり、2頭軸の馬券は的中。生まれてはじめて現金で払い戻しを受けた。発券機に馬券を入れると、ATMさながら、瞬時に現金が出てきた。その額11860円。5月万馬券2回目となったが、なんだかこれも出来すぎである。
a0005331_23235724.jpg
気を良くして、本日のG1レースである「ヴィクトリアマイル」を、またもフォーメーションで19通り買ってみた。久しぶりに競馬新聞を買い熟読してみたが、悩みが深まっただけ。逆に直前で1頭外したおかげで3連複が成立せず、おわり。

何度も名前をみた、あるいは買った馴染みの牝馬に情が移ってしまったせいに違いない。選択が難しいレースだったと思う。やはり競馬は当たらない。

雨にも関わらず、日曜3時40分の東京競馬場は満員だった。来週は「オークス」、再来週は「日本ダービー」、その翌週は「安田記念」と東京競馬場のG1レースは続く。


トラックバックURL : https://tekkamaki.exblog.jp/tb/238519880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うさじい@山形 at 2018-05-14 22:28 x
競馬ですか。パチンコよりは健康的な感じがします。どこが、と言うつっこみはさておき、天気が良ければ、競馬場も気持ちいいでしょうね。馬券は二度買ったことがあります。まだ上山競馬場でレースしていた時代に一度、もう一度は忘れた。
博打といえばパチンコから足を洗って十年以上になる。スロットを専門にやっていたが、ある日ふと時間の無駄な気がしてやめた。
博打といえばビットコインを少し売り買い初めて半年。一万ほど利益が出た。年率にして2%。ほんのお遊び。ここ一ヶ月値段が下がっていて、マイナスなのだが、ここは我慢のしどころ。気温とともに値も上るきっと。我慢が肝心。あわてて売ったりはしない。

マンデーブルーなのか、五月病なのか、ここ数日体調がすぐれない。落ちている。天候のせいかもしれない。明日からの天候は良くなるようだからそれに期待しよう。
Commented by bunkasaba at 2018-05-15 18:52
>うさじいさん

日較差が大きく、体調管理も難しいですね。ご自愛のほど。ビットコインも、法律をどうにかしないと税金ばかりかかるので手を出せません。パチンコパチスロ競輪競艇と全くしませんが、賭けの部分を除いた競馬には、馬をめぐるストーリーがあります。とはいえ、先日、朝日新聞に載った貴闘力のインタビュー記事を読んで、かなり引きました。何事もほどほどに、ですな。
Commented by うさじい@山形 at 2018-06-05 21:38 x
ビットコインの値は底を這っています。
ドリームジャンボのくじを交換に行ったらなんと万馬券。一万円になりました。
きてるぞきてるぞ。
Commented by bunkasaba at 2018-06-08 22:46
>うさじいさん

ほー。やるね。
by bunkasaba | 2018-05-13 21:56 | 生活 | Trackback | Comments(4)